WiFiのほうが速くて安い

スマホ使用料は通話料が高い

スマホはガラゲーと違い無料通話が含まれていないため、かけたらかけた分だけ料金が加算されます。「21円/30秒」の通話料は大きいです。そのため、職業柄電話をよくかけるという社会人の人はかなりの痛手になります。特に、営業職の方は毎月の通話料に悩まされているのではないでしょうか。会社支給の電話や個人のスマホを会社用に使用して通話料を請求システムなどもあるがどちらも手間がかかったりなど不憫な部分が多いのも悩みどころ。

しかし、その悩み改善させるために節約する方法も存在します。それは、通話料だけではなくパケット通信量などの節約にも繋がるので、使用料に頭を抱えている人は参考にしてみてください。

050電話アプリを使用する

050電話アプリとはインターネット経由で通話する仕組みになっていて、050から始まる電話番号から電話をかけられるアプリです。中でも代表的なのが「SMARTalk」と「050 plus」の2つのサービスです。これを使用することでスマホを2台持ちしている状態になります。インターネット経由での通話になるため、通常料金よりも格安の通話料で電話をすることができ、ユーザー同士では無料通話をすることもできます。個人携帯を仕事で使用する際に相手に電話番号を知られてくない人にも向いています。

「SMARTalk」は月額料金無料で固定・携帯電話に一律料金で通話できるのが特徴です。一方「050 plus」は月額315円かかりますが、固定電話への通話料が安いのが特徴です。通話品質に関しては多少こもる印象はあるが、内容ははっきりと聞き取れるため問題はないと感じます。

ガラゲー+スマホの2台持ちにする

節約方法の中で有名な1つであるのが2台持ちです。ガラゲーとスマホにはそれぞれの使いやすい役割があります。2台持ちの役割分担に関しては、電話やメールは「ガラゲー」を使用、調べ物や動画観覧などは「スマートフォン」を使用します。ガラゲーの場合、通話は聞き取りやすく、メールは片手で操作できるので急な連絡が必要な時はもちろん、片手が塞がれている状態でも対応できる利点があります。調べ物や動画観覧はやはり画面が大きいスマートフォンが有利です。PC版のウェブサイトなどもスムーズに見れるのがいいですね。

プランについては、ガラゲーは通話とメールのみなので一番安いプラン、または毎月の通話頻度に合わせて選びます。スマートフォンはインターネット観覧のみでの使用にするので、格安SIMにするのがおすすめです。格安SIMにすれば安くて月額1000以下でネットが使えます。電話が使える格安SIMもありますが、その分料金が上がるので電話機能のついてないものでいいでしょう。

ネット回線をWifiルーターに1つにまとめる

スマホのパケット料金を節約するにはインターネット接続をWifiに全てまとめてしまうことです。ソフトバンク制限.comで紹介されているように、インターネット回線をWifiルーターなどのモバイル端末にして、パケット定額を解約して通話契約だけにするだけで月に約4000円ほどのパケット量が節約できます。Wifiルーターがあれば同時に10台ネット接続することができるので、スマホだけでなくパソコンやipadなどのタブレットを同時に楽しむことができます。1台あれば幅は広がります。ただ、Wifiルーターを選ぶ際には通信制限のついているものもあるので注意が必要です。インターネットを利用する頻度が少なければ好きなキャリアやデザインのものを選べば問題ありませんが、通信制限に縛られたくないという人は制限なしのWifiルーターを選びましょう。